top of page
  • 執筆者の写真MIKA

本当にやりたいことは制限があるからこそ見えてくる

更新日:2022年10月8日



やりたいことはいっぱいあるけど、時間がない。



そんな風に思うことはないでしょうか?



頑張ればお金は返ってくるけど、時間だけは全員が平等です。



"忙しくて出来なかった"



と、大人になるとよく口にしてしまいますが、本当に必要なことは、自然と優先順位が高くなります。



例えば食事。



空腹は辛いので、どれだけ忙しかったとしても食べますよね?



睡眠もそう。



どれだけ起きていたくても、人は寝ないとエネルギーが充電できないので、自然と眠ってしまいます。



これは「やりたいこと」というよりも、人間の"本能"として自然と起こること。



ただ、もしその本能を自然と働かせることができたら、やりたいことをやり遂げたり、物事を継続する力にも繋がります。



昨日の、三日坊主のあなたへの記事とリンクしますが、楽しいと思えることじゃないと、脳は継続できない仕組みになっているそう。



快楽 = 積極的に物事を取り組む

不快 = やりたくない、遠ざかる



思い当たる節、たくさんありますよね?笑



これはみんな当てはまることなので、この欲に打ち勝つには、優先順位をつけるしかありません。



例えば、大きい冷蔵庫にはたくさんの物を入れることができるので、あれもこれもと買い込んでしまうけど。



小さい冷蔵庫であれば、たくさん買っても入りきらないので、必要最低限のものしか買わなくなる。



これを時間にも当てはめてみるんです。



時間も物と同じ。



制限を設けることで、本当に必要なこと、やりたい事がみえてきます。



いつまでも無限にあると思うと、



「まぁ、明日でいっかぁ(·∀·)」



なんてなりますが。



締切があったり、



「あと1日しかない((((;゚Д゚))))」



と思うと、時間のありがたみが、よーくよーくわかります。笑



この考え方は、ヨガの教えにも出てくるのですが。



その体現こそが、日々私たちが取り組んでいるヨガでもあるんですね。



マットの上での学びを、マットの外に出た時=日常で活かしてこそ、その教えに気づくときかもしれません^^







————————————————


■2022.11.3.祝

エシカルツーリズム@HASHIRIJIMA


■2022.11.6.日

パークヨガ@Enlee


■ 2023年1月

ヨガインストラクター養成講座開催予定


————————————————




Comments


bottom of page