top of page
  • 執筆者の写真MIKA

愛は与えるもの、幸せは叶えるもの。

更新日:2022年11月13日




誰もが望む幸せ。



不幸になりたい〜、なんて人はいないですよね?



では、具体的になにをすれば幸せを感じるのか。



どうあれば幸せになれるのかを明確に答えられる人は、多くはないそうです。



お布団で寝ている時が、いちばん幸せ。



ごはんを食べている時が、なにより幸せ。



家族と過ごしている時が、心から幸せ。



人の数だけいろんな幸せの形があるからこそ、その形に正解も不正解もありません。



だからこそ幸福の定義については、人類が生まれてからずーっと議論されてきたそうな。



そんな誰もが望む”幸せになる方法”について。



10秒で答えがわかる本に出会ったので、昨日の朝のレッスンでお話しをしたのですが、こちらでも共有しますね。



幸せとはズバリ。



脳内で”幸福物質”がでた状態であり、その物質を出す条件こそが、幸せになる方法なんだとか。



その幸福物質とは代表的に3つあり、これらを発することができれば、私たちは"しあわせ"を感じることができるのだそうです。



しかもその条件がなんと!



「すべてヨガで補える内容ではないか━━━━(゚∀゚)━━━━!!」



と激しく感激したので、ひとつずつご紹介しますね。



まず1つめの物質は、心と体の健康から得られるセロトニン



セロトニンはそこそこ知られているワードですが、たとえば気持ちがいいな〜とか。



癒されるな〜とか。



心地いいな〜と感じる幸せホルモンで、心の安定をもたらしてくれます。



感情が不安定、イライラする、怒りっぽい、キレやすいなどの状態は、セロトニンが不足しているそう。



逆に、セロトニンに満たされている人は精神的に安定しているので、それがまわりにも伝染し、人が集まってくる=信頼されるのだとか。



セロトニンをたくさん発するには、心と体の健康が何より大切だそうです。



2つめの物質は、人とのつながりから得られるオキシトシン



セロトニンは1人で感じることができる物質ですが、誰かと一緒にいて楽しい、嬉しい、安らぐなど、人と関わることで発する物質がオキシトシン。



夫婦、恋人、彼氏、彼女などの恋愛関係。



親子、兄弟、親戚などの家族関係。



友達や職場・趣味仲間など、相手との安定した人間関係によって生まれるプラスの感情は、全てオキシトシン的幸福なんだそう。



お仕事を辞める理由の99%が人間関係といわれていますが、人とのつながりというのは、それくらい私たちの生活や幸福に大きな意味をもたらします。



この人間関係が安定しているほど、オキシトシンがたくさんでるみたい。



そして3つめの物質が、成功や達成感から得られるドーパミン



ドーパミンは脳を興奮させるので、高揚感が伴います。



お金を得る。



欲しい物を手に入れる。



勝負に勝つ。



人から認められる。



仕事での成功や、地位・名誉などもここにあてはまります。



ただ、これらの結果=ドーパミンを発するには、



行動することや努力すること。



時間や労力、お金をかけたりなどの"対価"が必要だったりもします。



ドーパミン的欲求を満たすのはある意味大変なのですが、だからこそ得たときの喜びを感じることができるのですね。



①心と体の健康から得られるセロトニン

②人とのつながりから得られるオキシトシン

③成功や達成感から得られるドーパミン



この3つが幸せを感じる三大幸福物質となり、その物質を発する行動や体験がポイントとなってきます。



すべてを満たすことはなかなか難しいですが、ヨガを実践することで、”調和をはかること”は可能だったりもするんですよ〜。



ヨガは心と体のバランスをとることを目的としていたり。



人との関わり方を説いていたり。



物事を達成するための考え方を教えてくれたりするので、これらはすべて、幸福物質を促す過程だったりもします。



ヨガをわかりやすく要約すると、



”こんなふうにすれば、生きやすくなるよ〜。”



と、よりよい生き方を説いていたりもするのですね。



ヨガはいろんな側面を兼ねそなえているからこそ、



「人生観が変わった!」



と、口にする人が多かったりもします。



ちょっと長くなりましたが、幸せを感じるのは脳内物質であり、その物質を出すために、



ヨガがいいよ(*’∀’人)♥*+



とお伝えしたかったのが、今回の記事でございました。



だから体がかたくたって、うまくできなくたって、いいんです。



むずしいポーズをすることや、人に見せることがヨガの目的ではありません。



気持ちいいな〜。



楽しいな〜。



心地いいな〜と思えたら、それらはすべて「ヨガ」なのです。



そんなにヨガっていいの?



と気になってきた方は、ぜひ一度体験してみてくださいね♪



幸せな笑顔にあふれた講師たちが、あなたのご参加をお待ちしております^^






0件のコメント

Comments


bottom of page